プロフィール

ぽんちょ

Author:ぽんちょ
性別  女
    旦那と息子2人に
    最近コーギーのムクが加わりました
居住地 愛知県
趣味  旅 
    山歩きもどき
    ステンドガラス 手芸全般
    食べ歩き
特技  水泳

ブログ初心者ですが
お出かけ記録を中心に
ぼちぼちやっていきます 


ようこそ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンダガンは小さな町だったので
一通り歩いて回った
その後空港へ向かう

サンダガン空港はそこそこ
そこで
なんと
あの安間先生と一緒に行くボルネオツアー一行様と出会う
安間先生はボルネオのスペシャリスト
ちょっと興奮してしまいました
って
おしゃべりをしていると
なんだか出発時刻が近づいてきたのに表示は次の飛行機ナンバー
え~
私の乗る飛行機はどこ~

焦りましたよ
でもそのツアー御一行様のガイドに確認してもらうと
大丈夫。ここで待っていればいいというので
一安心  搭乗時にも手伝っていただき

何でも飛行機の到着が遅れて折り返しの時間がずれたらしい
だったら表示は正確にしてよ~

19時コタキナバルに向けて飛びだった

1時間後無事コタキナバルへ
そしてホテルシャンクリラにチェックイン
そのまま再び双天
260_convert_20130226164217.jpg 
258_convert_20130226164131.jpg 259_convert_20130226164157.jpg

ガヤストーリー
すでに店は閉まっているが春節が近いので綺麗に提灯が飾ってある
261_convert_20130226164241.jpg 

6日目
最終日
11時までの時間も有効に
魚市場へ
272_convert_20130226164307.jpg 
陽気な魚屋さん

274_convert_20130226164350.jpg 
フィリピン?の漁船

270_convert_20130226164459.jpg  265_convert_20130226164431.jpg ドリアン

さあこれでお別れ
287_convert_20130226164607.jpg  
キナバル山
ぜひ一度は登ってみたい
289_convert_20130226164654.jpg
とってもきれいな島  どこだろう

288_convert_20130226164632.jpg 

ボルネオ
その魅力にすっかりはまってしまった

スポンサーサイト
オランウータン保護施設からサンガガンの街へ移動します

この町は日本とのかかわりが深く  
サンダガン8番娼館 を読んで
戦前戦後の厳しかった時代を少しだけ感じることができました

そんな街も今ではすっかり観光地の拠点になっていました

228_convert_20130223184923.jpg 
233_convert_20130205081314.jpg 
普済寺  ここから市街地がよく見えました

236_convert_20130205081250.jpg 
水上村
約6000人の人が住んでいる
それぞれの入り口には番地まであって大規模
238_convert_20130225121022.jpg 



250_convert_20130205081819.jpg 
ウォーターフロント
通りを一本変えるだけで全然街並みが違う
父はここで双眼鏡を購入してご満悦

243_convert_20130205081343.jpg 
マレーシア名物  ロッティーチャナイ
253_convert_20130225121057.jpg 
市場の前で  バナナ

サンダガンで私はスーパーに入り買い物

そして旅は最終章へ
5日目
一泊では本当にもったいないビリットを後に
サンダガンへ向かいます
その途中
セピロックというところにありオランウータンの保護施設があり10時餌付けが
あるので間に合うように出発です

約2時間で到着
早速オランウータンの森に入ります
225_convert_20130223184803.jpg 
街に近いですがここの森は深くて熱帯雨林の森の中
 
木道を歩来ながらここでも英語ガイドで聞きます
すっかり聞き取りがうまくなったわたし! 

   588_convert_20130212184234.jpg クロリスも

607_convert_20130212184254.jpg 613_convert_20130223185052.jpg 612_convert_20130212184325.jpg 211_convert_20130205081117.jpg
212_convert_20130205082050.jpg 213_convert_20130223184634.jpg 205_convert_20130223184704.jpg
えさをもらうと二足で立って食べたり
なんと
看板を立てている途中の固まっていないコンクリートを
シャベルで掘って泥んこ遊びをしている
監視の人に怒られると歯をむき出して威嚇
やんちゃなオランウータンです


ついでに
219_convert_20130223184829.jpg

 ビリット到着
15時30分

恰幅の良いオーナー?が出迎えてくれます(残念写真がなかった)
次の日もこの方が案内をしてくれました

ここはキナバタンガタン川沿いに建つ
素敵なロッジでした
マインリゾート
147_convert_20130205080257.jpg 
レストランから川がみえます
目の前にボートがあって
すぐにクルージングができます

チェックインをして部屋へ
148_convert_20130219181805.jpg 149_convert_20130219181830.jpg

ここでもシャワーの使い方がわからず
水!
さあ準備をして早速クルーズへ

・・・と
電話が!
電話???
取りあえぜ出ると当然英語・・・????
elephant  だけはわかったが・・・

すると通じないのがわかったか
ちょっと待って

トントン
ノックの音
なんと

窓の外に象がいるのです
そういうことか

って え~
タビンでずっと探していた象がこうもあっさりと目の前に出てきて
びっくり!

すぐにボートに乗って移動します
 175_convert_20130205080941.jpg  こんな感じ!
しかし一番違うのは
なんと我がボーとは貸切!
オーナーと船長を携えて好きなだけじっくりとみられる

151_convert_20130219181956.jpg 

150_convert_20130219181903.jpg153_convert_20130219181931.jpg


10頭ぐらいの群れでした
近くに生えている草食べています
169_convert_20130205081012.jpg 

小象もいる
167_convert_20130219182223.jpg 

おしり
172_convert_20130219183033.jpg 

アップ
518_convert_20130212184121.jpg  


 
523_convert_20130212184510.jpg 

大きな鳴き声で威嚇して来たり砂を体にかけていたり
すご~い
ついにご対面
アフリカ象よりは小柄
でも牙のしっかりあるしなんといっても野生
大興奮です
しばらく見とれていました

次は
152_convert_20130219182313.jpg 

オランウータン
510_convert_20130219182619.jpg 
 今回2回目の野生のオランウータン
これもまたこんなに簡単にみられていいの~
実はこの後にもう一頭見ました


シルバーモンキー
182_convert_20130205080909.jpg
このサルはとっても賢い
川に流れてくる木の実なんかを待ち伏せして取って食べている
なんだか人懐っこくてどんなに近づいてもなんの警戒もなし

178_convert_20130219183134.jpg  

180_convert_20130219182426.jpg 
父も必死で撮影中


549_convert_20130212184146.jpg 


184_convert_20130205080840.jpg 
king fisher
とってもきれいな鳥

567_convert_20130212184209.jpg 
サイチョウ
558_convert_20130212184431.jpgマングローブ蛇

092_convert_20130219200359.jpg 


084_convert_20130219200336.jpg
テングザル

ほかにもたくさんの鳥やサルの群れトカゲなどが「見られました
クルージングは2時間と聞いていましたが3時間ほどたっぷりと満喫

191_convert_20130219182524.jpg
ロッジに戻ります
ライトがともってとってもきれいです

   195_convert_20130219183312.jpg
食事  

197_convert_20130219183208.jpg
なんとイノシシがやってきました
10頭ほどの子連れ

ビリット
ほとんど歩かずにたくさんの動物に出会いました
ちょっとしたタイミングでしょうが
ホントに来てよかったと思いました

夜はアロママッサージを受けて寝ました
しあわせ

四日目
127_convert_20130208141309.jpg

結局夜から降り始めた雨は一晩中降って
126_convert_20130212185957.jpg  128_convert_20130212185632.jpg 部屋の中の様子
流れだった川もすごいことになっている
朝のウォーキングは中止
のんびり朝食をとりました
だんだん雨も上がってきたのでちょっと周辺を散歩して

マッドボルケイノで取ってきた泥を使って手型を作りました
114_convert_20130219182915.jpg 


10時30タビンを後にしました
137_convert_20130217120501.jpg 
ずっとガイドをしていただいたesrailさん
ありがとう  つたない英語力でしたが
本当に一生懸命にガイドしていただきました  感謝
また訪れたいと心に誓ったのでした

再びラハダトゥの空港に1時間半かけてもSどります
途中トカゲやサイチョウ、ブタオザルなんかも出てきました
そしてパームヤシのものすごいプランテーションの中をひたすら
ガタガタと走り続け
だんだん車が増えてきました
久しぶりの都会に来た感覚です

途中渋滞がありました
どうも学校の前で子どもの迎えに来ている車のようです
ちょうど昼過ぎ下校の時間のようですね

空港の事務局に到着

ここが空港
143_convert_20130219183346.jpg
ここで車を乗りまえて一路ビリットへ向います
が・・・
迎えがこな~い

なんだか不安

頼みの綱は旅行会社から出してもらっているシートだけ
事務局の人に連絡を取ってもらっていると

おくれてごめんなさ~い
っと田中邦衛似の陽気な運転手さん
あ~よかった
何でもどこだかによって来たので遅くなったとか(たぶん)

それではここから3時間の移動開始です
といっても道はほぼ舗装されていて安心なんですが
途中穴が開いていたりスコールが降ったり
しかも
運転手は眠気覚ましにメンソールを顔中に塗っている
それからとっても慎重な運転で
ダートの道に入ると止まってしまうのではないかと思うほどのスピードで
ゆっくりゆっくり進むので
運転交代しようか・・・
といいたくなりました
ダートを抜けたときはものすごくほっとした表情をしていていました
でもなんだか優しそうな陽気な運転手さんで3時間の道のりも楽しいものでした

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。