プロフィール

ぽんちょ

Author:ぽんちょ
性別  女
    旦那と息子2人に
    最近コーギーのムクが加わりました
居住地 愛知県
趣味  旅 
    山歩きもどき
    ステンドガラス 手芸全般
    食べ歩き
特技  水泳

ブログ初心者ですが
お出かけ記録を中心に
ぼちぼちやっていきます 


ようこそ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 結局11時間かけて歩いた縄文杉コース
17時半のバスに乗って山をおります
途中屋久ざるがたくさん出てきました

そして気が付きました
お土産を買う時間がない
町に降りると18時
すでに店は閉まっています
島の店は夜が早い

結局何も買えずに
宿に戻ると
ご主人が玄関から飛び出してきました

よかった~
バスに乗り遅れたのかと心配したよ

すみません
大丈夫です
DSC03261_convert_20131029151402.jpg
本日の夕飯

その後近くの温泉に行きました
DSC03268_convert_20131029151702.jpg 
DSC03264_convert_20131029151627.jpg DSC03263_convert_20131029151429.jpg
尾之間温泉
とっても熱いよと言われて入りましたが・・・
うん、熱い
でもとってもいい温泉だわ
肌が艶々湯船の脇から湯が沸きだしている源泉かけ流し
受付のオジサンとお話
わが地元に住んでいたことがあるとのことで
地元の話に花が咲きました

明日は朝一番で鹿児島にわたります
どうか船が出ますように


5日目

朝6時前に宿を出ます
奥さんがおにぎりを作ってくれました

民宿山水さん
ご主人も奥さんも常連さんも気さくでよかったです
ありがとう
今度はダイビングに来たいですね

DSC03270_convert_20131029151910.jpg 
港からの朝焼け
無事鹿児島へ出航しました

大雨で大変でしたが楽しかった屋久島
また来るね

鹿児島編
10時ごろ鹿児島に到着
ここまでくれば帰れないことはなさそうですね
帰路の船の中は爆睡
たぶん揺れも少なくて台風が来る前の静けさだったのでしょう

それでは鹿児島観光へ
DSC03292_convert_20131031172113.jpg 
こんなバスが市内を循環しています
観光名所をあちこち回るので観光に便利ですね

DSC03282_convert_20131029151730.jpg 
ここ城山に来ました
高台になっていて眺めがいい
さっき噴火をしていたのに市民の皆さんはへっちゃらです

それからやっぱり
DSC03299_convert_20131031172023.jpg DSC03303_convert_20131031172046.jpg
鹿児島ラーメン           白熊のカキ氷

いずれもおいしかったですよ
DSC03281_convert_20131031171942.jpg 
そして鹿児島といえば西郷さん
それから偉人さんの銅像や資料館があちこちにあり
歴史の勉強をしに鹿児島でゆっくり過ごすのも楽しそうです

さあ
空港へ行きます

16時発ジェットスター
今回は無事出発です

空港でお土産を買い東京の友達ともお別れ
また旅行の計画をしますね

自然満喫世界遺産パワースポット巡りも終わりです
また行ってみたいところが増えてしまいました
おつかれさま
スポンサーサイト
 3日目
いよいよ縄文杉登山へ
DSC03064_convert_20131024113554.jpg 
朝3時半起床
5時のバスで荒川登山口まで向かいます
車内はそれ程の混雑でもない
そりゃそうかも
昨日は船が欠航したそうで
来る予定だった人が来ていない可能性がある

しかも雨雨あめ

だんだん止んでくるという予報だがなんだか怪しい
でもまあここまで来たからには進むしかない
バスも出ているし
ガイド付きの方もスタートしているし
まあ何とかなる

私たちはガイドなしで出発
道は整備されて迷うこともなさそう
のんびり写真も撮りたかったので
ガイドなしで全然大丈夫でした

しかしよく降る雨
弁当の朝食を途中でとる予定でしたが
登山口の休憩所で弁当を食べ
雨具を着込んで
さあ
出発です

でも ・・・
帰りも同じ道を通るので
前半の写真は雨だったのでほとんど撮らず 
雨がやむことを期待して黙々と歩きました
(なので写真は帰路に撮ったものが多いです)

DSC03201_convert_20131022223635.jpg 
ただひたすら線路を歩きます
しかも枕木の間にはたっぷりと水が溜まっているので
川の中を歩いているようだ

1時間ほどで小杉谷集落跡地
DSC03240_convert_20131024115212.jpg 
ここには屋久杉を伐採していた人々が住んでいたそうで
小学校や商店もあったとか
隣で説明をしていたガイドさんはここに住んでいたと言っていました

そして東屋で身支度を整え 休憩
さあ残り2時間のトロッコ道
DSC03200_convert_20131022223459.jpg 
歩く歩くあるく
途中から枕木の間に板が張ってあるようになり幾分歩きやすくなった
いくつもの沢を渡る
すべて増水
山肌からも水があふれています
DSC03255_convert_20131026215307.jpg
屋久島の水の恵みを感じます


そして漸く大株歩道入口
やれやれ
ここからいよいよ山に入ります
DSC03120_convert_20131022222026.jpg 
大きな根っこをくぐり

DSC03076_convert_20131022221419.jpg 
山道もありますが結構階段や木道があり
歩きやすいが・・・(却って歩きにくい)

DSC03062_convert_20131024120219.jpg 
翁杉
2010年に折れてしまったとか
樹齢2000年幹回り12,6m
巨大な木が折れたことで残念ではあるが周りには日が当たるようになり
また再び新芽が芽生え
何百年後には大きな木が育っているかも・・・
なんとすごいことでしょう


DSC03072_convert_20131024120150.jpg 
そしてウィルソン株へ到着

ここは
DSC03069_convert_20131022221219.jpg 
大きな切り株の中にはいると・・・
ハ~ト
上手く写せました

DSC03130_convert_20131022222220.jpg 
夫婦杉
仲良く手をつないでいますが
実は養分を吸い取っているらしい
夫と妻・どちらがどちらかと思うのは自分次第・・・

DSC03138_convert_20131022222322.jpg DSC03142_convert_20131022222345.jpg
DSC03148_convert_20131022222505.jpg DSC03119_convert_20131022222708.jpg
更にさらに どんどん歩きます
でも 私・・・足が遅いらしい 
どんどん抜かれちゃいます

DSC03132_convert_20131022222244.jpg 

DSC03115_convert_20131022221915.jpg  
根っこがすごい

DSC03151_convert_20131022222746.jpg 
枝がすごい

DSC03079_convert_20131022221451.jpg DSC03092_convert_20131022221512.jpg
さまざまな表情を見せてくれる木々がたくさんあります
いくら写真をとっても撮りきれないわ

そして歩くこと5時間
ほぼ時間通りに
縄文杉に到着です

じゃ~ン
DSC03100_convert_20131022221759.jpg
縄文杉

DSC03103_convert_20131022221820.jpg 
現在確認されている中で一番大きい屋久杉
樹齢2000年~7200年(幅あり過ぎ~)
デッキから眺めるので近くに行けないのが残念
でも一杯のパワーをもらったような気がします
凄いね~



心行くまま眺めて
その先の東屋で昼食
結局雨は止むことはなく歩き続けました
って
これをまた引き返すのか

コーヒーを飲んで体を温め
さあ帰りましょう
 頑張るか

小降りになってきたので写真を撮りながら
DSC03152_convert_20131022222906.jpg 

DSC03196_convert_20131022223610.jpg 

DSC03149_convert_20131024145926.jpg 

DSC03110_convert_20131022221852_201310241502463f4.jpg

DSC03121_convert_20131024145611.jpg  

DSC03074_convert_20131024113743.jpg 

DSC03131_convert_20131024145722.jpg 
大王杉
縄文杉が見つかるまでは最大だったので大王だそうです

雨が止んで動物が動き出しました

屋久鹿
DSC03168_convert_20131022223036.jpg 

DSC03179_convert_20131022223121.jpg  
お~角がある
と喜んで写真を撮っていたら

きぃ~
と大きな鳴き声
そしてさささっと走る

って思ったのもつかの間
どうも私たちを威嚇している

え~
そんなに近づかなくていいから
って言ってんのにくるくる来る

わかったから~
危険を感じて慌てて逃げました
でも追いかけてくる

ひぇ~
怖かった

そして2時間で山道を下り再び線路の道をひたすら
DSC03215_convert_20131022223832.jpg 
ツアーの方々
結構足が速いんです
追いつけない

DSC03217_convert_20131022223804.jpg 
増水した川を渡ります

DSC03249_convert_20131022223857.jpg
手すりのない橋はドキドキ 

 DSC03211_convert_20131022223534.jpg 
仁王杉

DSC03207_convert_20131022223733.jpg DSC03209_convert_20131022223709.jpg 
携帯トイレ         (逆さ!)

DSC03234_convert_20131022223936.jpg 
これ何に見える???

答え 
   ししがみさま
ん~
確かに似ている

DSC03219_convert_20131026214921.jpg 

DSC03242_convert_20131026215142.jpg 
雨で増水した川は迫力満点



DSC03253_convert_20131026215959.jpg 
小さい沢も

DSC03251_convert_20131026215402.jpg
細い糸のような滝も



DSC03224_convert_20131026215010.jpg 
三代杉

DSC03254_convert_20131026215242.jpg 
苔むした線路脇も

DSC03235_convert_20131026215211.jpg
幹に絡みつく苔も
すべてが自然の中で息づいている・・・

気が付けば空気が心地いい

これだけ歩いてきたのに
不思議と疲れは感じない



DSC03256_convert_20131026215443.jpg 
そして
ゴールは近い

DSC03257_convert_20131026215422.jpg 
トンネルを抜けると

DSC03259_convert_20131026215513.jpg
荒川登山口 到着です

結局11時間も掛かってしまった
たっぷりマイナスイオンを体に受け
自然のパワーをもらった一日だった
ありがとう








 



 


続きを読む »

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。