プロフィール

ぽんちょ

Author:ぽんちょ
性別  女
    旦那と息子2人に
    最近コーギーのムクが加わりました
居住地 愛知県
趣味  旅 
    山歩きもどき
    ステンドガラス 手芸全般
    食べ歩き
特技  水泳

ブログ初心者ですが
お出かけ記録を中心に
ぼちぼちやっていきます 


ようこそ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンダガンは小さな町だったので
一通り歩いて回った
その後空港へ向かう

サンダガン空港はそこそこ
そこで
なんと
あの安間先生と一緒に行くボルネオツアー一行様と出会う
安間先生はボルネオのスペシャリスト
ちょっと興奮してしまいました
って
おしゃべりをしていると
なんだか出発時刻が近づいてきたのに表示は次の飛行機ナンバー
え~
私の乗る飛行機はどこ~

焦りましたよ
でもそのツアー御一行様のガイドに確認してもらうと
大丈夫。ここで待っていればいいというので
一安心  搭乗時にも手伝っていただき

何でも飛行機の到着が遅れて折り返しの時間がずれたらしい
だったら表示は正確にしてよ~

19時コタキナバルに向けて飛びだった

1時間後無事コタキナバルへ
そしてホテルシャンクリラにチェックイン
そのまま再び双天
260_convert_20130226164217.jpg 
258_convert_20130226164131.jpg 259_convert_20130226164157.jpg

ガヤストーリー
すでに店は閉まっているが春節が近いので綺麗に提灯が飾ってある
261_convert_20130226164241.jpg 

6日目
最終日
11時までの時間も有効に
魚市場へ
272_convert_20130226164307.jpg 
陽気な魚屋さん

274_convert_20130226164350.jpg 
フィリピン?の漁船

270_convert_20130226164459.jpg  265_convert_20130226164431.jpg ドリアン

さあこれでお別れ
287_convert_20130226164607.jpg  
キナバル山
ぜひ一度は登ってみたい
289_convert_20130226164654.jpg
とってもきれいな島  どこだろう

288_convert_20130226164632.jpg 

ボルネオ
その魅力にすっかりはまってしまった

スポンサーサイト
オランウータン保護施設からサンガガンの街へ移動します

この町は日本とのかかわりが深く  
サンダガン8番娼館 を読んで
戦前戦後の厳しかった時代を少しだけ感じることができました

そんな街も今ではすっかり観光地の拠点になっていました

228_convert_20130223184923.jpg 
233_convert_20130205081314.jpg 
普済寺  ここから市街地がよく見えました

236_convert_20130205081250.jpg 
水上村
約6000人の人が住んでいる
それぞれの入り口には番地まであって大規模
238_convert_20130225121022.jpg 



250_convert_20130205081819.jpg 
ウォーターフロント
通りを一本変えるだけで全然街並みが違う
父はここで双眼鏡を購入してご満悦

243_convert_20130205081343.jpg 
マレーシア名物  ロッティーチャナイ
253_convert_20130225121057.jpg 
市場の前で  バナナ

サンダガンで私はスーパーに入り買い物

そして旅は最終章へ
5日目
一泊では本当にもったいないビリットを後に
サンダガンへ向かいます
その途中
セピロックというところにありオランウータンの保護施設があり10時餌付けが
あるので間に合うように出発です

約2時間で到着
早速オランウータンの森に入ります
225_convert_20130223184803.jpg 
街に近いですがここの森は深くて熱帯雨林の森の中
 
木道を歩来ながらここでも英語ガイドで聞きます
すっかり聞き取りがうまくなったわたし! 

   588_convert_20130212184234.jpg クロリスも

607_convert_20130212184254.jpg 613_convert_20130223185052.jpg 612_convert_20130212184325.jpg 211_convert_20130205081117.jpg
212_convert_20130205082050.jpg 213_convert_20130223184634.jpg 205_convert_20130223184704.jpg
えさをもらうと二足で立って食べたり
なんと
看板を立てている途中の固まっていないコンクリートを
シャベルで掘って泥んこ遊びをしている
監視の人に怒られると歯をむき出して威嚇
やんちゃなオランウータンです


ついでに
219_convert_20130223184829.jpg

ひよこカップ

036+(2)_convert_20130223180421.jpg 
今日は二男の初試合
一年生の交流試合ひよこカップがありました
せっかくなので応援に行きました

結果は6位
なんとも惜しい試合の連続で
色々課題も分かったのではないでしょうか

本当に楽しんでやっているのでこれからもがんばってほしいですね
せいしゅんだ~

2月は長男の誕生日
どこか行きたいところはない?と尋ねると
「東京に行きたい」
とのこと
何でも池袋に行きたい店があるというので
では行ってみましょうかと
ついでに私も遊んでこよ~っと

ということで東京行が決定した
しかし池袋に行くだけではつまらない
なんだかんだとあまり行く気のない長男を誘って
ちょっとだけディズニーシーにも寄ることにした

ホテルを調べるとなんと2500円でオフィシャルホテルが泊まれる!
早速予約、チケットも安売りを予約、

さあ出発です
004_convert_20130223165705.jpg 003_convert_20130223165643.jpg 002_convert_20130223165835.jpg
学校を終えてから出発で夜に東京着
サンルート東京
久しぶりの長男との旅行です

翌日はバイキングの朝食を食べ9時少し前にシーへ到着
結構前のほうに並べたのでこれなら今話題のトイストーリーに乗れるかな
と思いながらも
以前のように走る気にもならなかったので
まあ乗ればラッキーぐらいで・・・

さあ9時開場   っと思ったら
なんと10時開場でした
あ~  早く来すぎた

長男にはブーぶー言われ(ごめん)
でも ここまで来たら走る というので
よし!
がんばるか
っと開園を待ちました

10時5分前OPEN
イザ~

がんばって走りました・・・
しかし正面まで来てダウン   もうだめ~

と思っていると
なんと長男が走リ続けている
普段全然動かないのに周りが走っているからつられて走っている   後姿を見送りました

そして
おかげさまで20分足らずでトイストーリーの乗れちゃいました
成績は31%命中率でした

008_convert_20130223165749.jpg
トイストーリーを出ると
さあ別行動をしよう・・・
というので
私は一人で回ることになってしまいました
だって長男は乗り物嫌い
買い物して待っているというので・・・

では行きますか!
ファストパスですぐにタワーオブテラーにのり
こわかった~
011_convert_20130223165811.jpg

海底2万マイル、回転木馬 アリエルのコーナーなど
一人でちょっとさびしいけど
それなりに満喫
015_convert_20130223165859.jpg 
024_convert_20130223165922.jpg 
ショーも堪能

 016_convert_20130223170106.jpg 025_convert_20130223170128.jpg

028_convert_20130223165943.jpg 
030_convert_20130223170006.jpg 
ミッキーやミニーにも会えたし
短時間の滞在でしたが幸せな気分になりました
そして昼過ぎに長男と合流 バイキングでまたまたたっぷり食べて
お目当ての池袋へ向いました

池袋では
長男はお目当ての店へ
私は
小学校の同級生と会う予定にしていました

待ち合わせの場所に行ったものの姿が見えず
携帯で連絡を取ります
便利な世の中
かれこれ13,4年ぶりの再会でした

夕食にベトナム料理の店に行き
青パパイヤサラダや生春巻き、フォーなど
(おいしかったよ~)
またベトナム行きたいわ

久しぶりに会ったのに
会話が止まることなく2時間があっという間でした
子どもの話や昔話・・・ 
同級生って 幼馴染って 本当にいいもんですね
彼女は私にとってあこがれの人
とっても素敵な方で今もそのまま変わらない
うれしかったです
つかの間の再会でしたがまた会える日を楽しみに

夜買い物を堪能したであろう長男と再び合流
しか~し
特に買うものがなかった・・・と
え~せっかく東京まで来たのに・・・

我が家には地震が来たらOUTの豪華別荘が東京にあるからもっとゆっくりできたのに
泊まりたくないという長男の願いで一泊で帰ることになりました

でもまあいいか
私は結構楽しんだ
今回の弾丸東京ツアーでした



 






 ビリット到着
15時30分

恰幅の良いオーナー?が出迎えてくれます(残念写真がなかった)
次の日もこの方が案内をしてくれました

ここはキナバタンガタン川沿いに建つ
素敵なロッジでした
マインリゾート
147_convert_20130205080257.jpg 
レストランから川がみえます
目の前にボートがあって
すぐにクルージングができます

チェックインをして部屋へ
148_convert_20130219181805.jpg 149_convert_20130219181830.jpg

ここでもシャワーの使い方がわからず
水!
さあ準備をして早速クルーズへ

・・・と
電話が!
電話???
取りあえぜ出ると当然英語・・・????
elephant  だけはわかったが・・・

すると通じないのがわかったか
ちょっと待って

トントン
ノックの音
なんと

窓の外に象がいるのです
そういうことか

って え~
タビンでずっと探していた象がこうもあっさりと目の前に出てきて
びっくり!

すぐにボートに乗って移動します
 175_convert_20130205080941.jpg  こんな感じ!
しかし一番違うのは
なんと我がボーとは貸切!
オーナーと船長を携えて好きなだけじっくりとみられる

151_convert_20130219181956.jpg 

150_convert_20130219181903.jpg153_convert_20130219181931.jpg


10頭ぐらいの群れでした
近くに生えている草食べています
169_convert_20130205081012.jpg 

小象もいる
167_convert_20130219182223.jpg 

おしり
172_convert_20130219183033.jpg 

アップ
518_convert_20130212184121.jpg  


 
523_convert_20130212184510.jpg 

大きな鳴き声で威嚇して来たり砂を体にかけていたり
すご~い
ついにご対面
アフリカ象よりは小柄
でも牙のしっかりあるしなんといっても野生
大興奮です
しばらく見とれていました

次は
152_convert_20130219182313.jpg 

オランウータン
510_convert_20130219182619.jpg 
 今回2回目の野生のオランウータン
これもまたこんなに簡単にみられていいの~
実はこの後にもう一頭見ました


シルバーモンキー
182_convert_20130205080909.jpg
このサルはとっても賢い
川に流れてくる木の実なんかを待ち伏せして取って食べている
なんだか人懐っこくてどんなに近づいてもなんの警戒もなし

178_convert_20130219183134.jpg  

180_convert_20130219182426.jpg 
父も必死で撮影中


549_convert_20130212184146.jpg 


184_convert_20130205080840.jpg 
king fisher
とってもきれいな鳥

567_convert_20130212184209.jpg 
サイチョウ
558_convert_20130212184431.jpgマングローブ蛇

092_convert_20130219200359.jpg 


084_convert_20130219200336.jpg
テングザル

ほかにもたくさんの鳥やサルの群れトカゲなどが「見られました
クルージングは2時間と聞いていましたが3時間ほどたっぷりと満喫

191_convert_20130219182524.jpg
ロッジに戻ります
ライトがともってとってもきれいです

   195_convert_20130219183312.jpg
食事  

197_convert_20130219183208.jpg
なんとイノシシがやってきました
10頭ほどの子連れ

ビリット
ほとんど歩かずにたくさんの動物に出会いました
ちょっとしたタイミングでしょうが
ホントに来てよかったと思いました

夜はアロママッサージを受けて寝ました
しあわせ

四日目
127_convert_20130208141309.jpg

結局夜から降り始めた雨は一晩中降って
126_convert_20130212185957.jpg  128_convert_20130212185632.jpg 部屋の中の様子
流れだった川もすごいことになっている
朝のウォーキングは中止
のんびり朝食をとりました
だんだん雨も上がってきたのでちょっと周辺を散歩して

マッドボルケイノで取ってきた泥を使って手型を作りました
114_convert_20130219182915.jpg 


10時30タビンを後にしました
137_convert_20130217120501.jpg 
ずっとガイドをしていただいたesrailさん
ありがとう  つたない英語力でしたが
本当に一生懸命にガイドしていただきました  感謝
また訪れたいと心に誓ったのでした

再びラハダトゥの空港に1時間半かけてもSどります
途中トカゲやサイチョウ、ブタオザルなんかも出てきました
そしてパームヤシのものすごいプランテーションの中をひたすら
ガタガタと走り続け
だんだん車が増えてきました
久しぶりの都会に来た感覚です

途中渋滞がありました
どうも学校の前で子どもの迎えに来ている車のようです
ちょうど昼過ぎ下校の時間のようですね

空港の事務局に到着

ここが空港
143_convert_20130219183346.jpg
ここで車を乗りまえて一路ビリットへ向います
が・・・
迎えがこな~い

なんだか不安

頼みの綱は旅行会社から出してもらっているシートだけ
事務局の人に連絡を取ってもらっていると

おくれてごめんなさ~い
っと田中邦衛似の陽気な運転手さん
あ~よかった
何でもどこだかによって来たので遅くなったとか(たぶん)

それではここから3時間の移動開始です
といっても道はほぼ舗装されていて安心なんですが
途中穴が開いていたりスコールが降ったり
しかも
運転手は眠気覚ましにメンソールを顔中に塗っている
それからとっても慎重な運転で
ダートの道に入ると止まってしまうのではないかと思うほどのスピードで
ゆっくりゆっくり進むので
運転交代しようか・・・
といいたくなりました
ダートを抜けたときはものすごくほっとした表情をしていていました
でもなんだか優しそうな陽気な運転手さんで3時間の道のりも楽しいものでした

110_convert_20130204223128.jpg
おはようございます
朝6時からバードウォッチングです

  108_convert_20130208132912.jpg 062_convert_20130214183024.jpg
少し朝もやがかかっていて幻想的です

どこかでサルの鳴き声が聞こえます

って~
部屋を出てすぐの森の中です
こんな近くに

esrailさんが指をさします

お~
ミューラーテナガザルです
ちょっとグレーがかって
手をなが~く伸ばして木から木へと飛び移っている
一匹かと思ったら いえいえ
たくさんいる~
many many MONKEY!!  LUCKY LUCKY

しばし見とれていました
反対の木にはバナナリスもいます
朝からついていました

それからまた象を探しながらのんびり歩きました

414_convert_20130212183904.jpg417_convert_20130212184625.jpg
いろんな鳥が羽ばたいています 
その度に説明をしてくれます
図鑑を見ながら2時間ほどすごしました
象は発見できずいったん戻ります

朝食後は再び探しに出かけました


象は発見できず

なんと
468_convert_20130212183940.jpg 

469_convert_20130212183925.jpg

ジャーン  野生のオランウータン発見

やった~
木の実を必死に食べていました
なんだか興奮!してしまいました

とっても高い一本の木のてっぺんに近いところに
一頭だけいます
よく見つけられるな~
いや~野生のオランウータンが見られるなんてマジラッキーです

ゆっくり観察をして昼食に戻りました
いよいよ象の出番でしょう
午後に期待がかかります

その前に
小休止
097_convert_20130214183136.jpg 

足浴です
レモングラスやショウガライムなんかが入っていて
癒されます
そして
顔は再び泥パック!

さあ
なんだか天気が怪しくなってきましたから
雨具を着て車に乗り込みました

車の写真がなかった
4WDトヨタ車
荷台に座席をつって
オープンカーです

ガタガタ道も動物探しとなればへっちゃらです

ブタオザル 
群れ移動していました  お尻のしっぽが特徴的
子どものサルもいて木の蔓でブランコをして遊んでいます
104_convert_20130212185905.jpg 

とっても大きなシンボルツリー
  109_convert_20130214183209.jpg

行に来た道を戻ります
あんなにガタガタと大変だったのに動物を探していると全然気にならない  不思議

417_convert_20130212184625.jpg 496_convert_20130212184037.jpg
                   オオバンケン



454_convert_20130215230727.jpg 
ぶたおざる


487_convert_20130215230509.jpg


 481_convert_20130215230549.jpg
カンムリワシ


499_convert_20130215230842.jpg
ミズオオトカゲ

いろいろな動物や鳥が現れます
のんびり車に乗っての観察です
気が付けば3時間近くになっていました

タビンの入り口まで戻ってきました

その後は折り返し

だんだん辺りは暗くなってきて
ナイトドライブです

同じ道を戻っているのでなんだか感じが違う
残念ながら写真を写せなかったけど

ベンガルヤマネコパームシーベット
ムササビのダイビングも目撃

暗闇の中必死で目を凝らしてみていきました

それからライトを消すと
真っ暗な闇夜
こんなところで一人にされたら大変です
そして
蛍もたくさん飛んでいました

往復5時間ほどのドライブ
途中雨が降ってきたりもしましたが楽しいひと時でした

・・・って肝心の象は・・・

ロッジの目の前の入り口を通ると
esrailさんが叫びました

fresh  dung

まだ新しい ということは私たちが出かけている間に象が通ったということ
なんてことでしょう

周辺を探します

しかし
見つかりませんでした

でもとっても楽しかったので満足です
その後ナイトウォーキングも予定していましたが
雨のため中止
まあいいです

また冷たいシャワーを浴びて寝ました

025_convert_20130204210854.jpg 
さあ
荷物整理そこそこに
トレッキングの開始です  このつり橋を渡って森の中へ

ヒル(タイガーリーチ)がいるとの情報から
長靴やら長そでやら着こんできました
027_convert_20130204210822.jpg 
今回案内をしてくれたのはesrailさん
市川海老蔵似の瞳の大きなイケメン38歳4人の子持ち(残念)
一生懸命英語で説明をしてくれます
わかる?
って顔でこっちを見ているので
ウンウンとうなずいていると
英語がよくわかっていますね~
みたいなことを言うので???え~!
わかりませ~ン
父曰くまあ理解度は40%だな  (通訳失格です)

ま何とか知っている単語を繰り返しながらついていきました
043_convert_20130204211024.jpg 
象の足跡

039_convert_20130204223512.jpg 
象のう〇ち

 031_convert_20130205081715.jpg
こんな中を大きな木や動物を探しながら歩きました
一時間半ほど歩きましたがきれいな鳥を見らぐらいで
残念ながら象とは会えず

一度ランチに戻ります
っていうか朝4時起きで移動してすぐにトレッキングだったので
疲れた~
休憩時間は爆睡してました

午後はマッドボルケイノへ(泥の火山口) 

ここでヒゲイノシシに出会いました
のんびり何かを食べてましたが私たちに気が付くと
走っていきました
048_convert_20130204222530.jpg 

マッドボルケイノ
057_convert_20130204222632.jpg 
高い塔の上で動物が来るのを待ちます
ズグロサイチョウカンムリワシ、とてもきれいなヒイロサンショウクイのつがいや
たくさんのきれいな鳥が見られましたが残念ながら動物は現れず
…鳥の写真はとても撮ることができず残念・・・

そこで・・・下に降りて
059_convert_20130204222721.jpg 
  ジャーン
泥パック~

帰路はコシアカキジという鳥がいました

そして夕食
060_convert_20130204222830.jpg 
おいしかったですよ
大体鶏肉を煮込んだもの、海老か烏賊などの魚介
野菜が2種類の4種類ほどの料理とスイカやパパイヤのデザートでした
それから
コーヒーや紅茶があり
コーヒーはとってもおいしくて何杯も飲んじゃいました
ボルネオはコーヒーがおいしいです

食事は三食のほかに早朝にサンドウィッチやホットケーキ
おやつに揚げバナナなんかが出ます

部屋にはテレビもラジオもないので
歩くか食べるか寝るか!
その繰り返しでした
でもとってもゆったりとした時間が過ごせましたね

さて夜はナイトドライブ
残念ながら写真は撮れず

クロムササビ、オオアカムササビ、オオフクロウ、蝙蝠やトカゲ
ベンガルヤマネコ、パームシーベット

なんかが見られました
それにしてもesrailさんはすごい
ライトを当てながらどんどんいろいろな動物を探してくれます
そういえばオーストラリアでもライトを当てて探していた
目が光るとか
私もやってみたけど全然わかりませ~ン

そうこうして長い一日が終わりました
ってあったかいシャワーが出るはずなのに
使い方がわかりませ~ん   冷た~い
お休み・・・

瀬戸雛めぐり

 とっても天気がいい一日でした
どこかに出かけようかと調べていると
瀬戸雛祭りをしているとか
そういえば瀬戸って行ったことなかった

早速GO!
083_convert_20130211073729.jpg 
瀬戸蔵

たくさんのお雛様がピラミッドになっています

082_convert_20130211073816.jpg 
オズの魔法使いバージョン
なんか不思議な・・・

085_convert_20130211074530.jpg 
関東地方の武家屋敷のお雛様

086_convert_20130211074425.jpg 
中京地方のお雛様  豪華

097_convert_20130211073754.jpg 
末広亭
吊るし雛  かわいい

098_convert_20130211074609.jpg 
アップ


瀬戸をぶらっと散歩しました

途中行列になっている焼きそば屋を発見
15分ほど並んで食べました
写真撮影お断り
味は・・・
ちょっと甘めにソースではないようなしょうゆでも違う
麺に特徴がありました


その後
窯垣の小道
103_convert_20130211074400.jpg 


106_convert_20130211074314.jpg 
なんのことか知りませんでしたが
資料館でおじさんが説明をしてくれました

窯で焼くときに器の台にするもので
使わなくなると廃材になるので
それを
生垣に再利用しているとか

そういえば
我が家の敷石に似ている

あ~
瀬戸で準備したんだ
これを使っているのかも

とっても雰囲気があって素敵です

また瀬戸がなんで有名なのか
説明をしてくれました
瀬戸って実はすごいんですね
新しい発見でした

近くにもいいところがたくさんありそうです
これからもちょこっとお出かけ行ってみよ
そもそもなんでボルネオに行きたかったかのか?

よく覚えていないけどなんとなくオラウータンのイメージと
テレビでみたカメの放流の映像が印象に残っていたからか・・・
その時はどこの国かわからなかったけどボルネオって知ったときから色々気にかけるようになったのかも

今はコタキナバルはメジャーな観光地になり直行便も出るなど行きやすくなり
2年半前には子どもと出かけジャングルの奥の深さを知った
それからますますいろんなところに行ってみたいと思うようになったのかな

まあ
前置きはそれぐらいにして

計画編へ
ボルネオのツアーはコタキナバルが多くさらに奥に向かうツアーはなかなか見当たらない
ネットで検索すると
なんと
地元にボルネオ専門の旅行会社を発見!
早速訪ねてみた

一番の目的はを見ること

すると
タビンビリットがお勧めだという

しかし一番のネックは語学
英語ツアーにどこまで対応できるか・・・

さらに調べると
結構日本人も行っている

動物がいれば指をさす方向を見ればいいのだから!

と思い切ってお勧めコースで計画することにした
ちなみに同伴者は父です! 


    日程
1月28日
セントレア発(9時50分発) キャセイパセフィック 香港経由  ドラゴン航空 コタキナバル(19時着)

1月29日
 
コタキナバル(6時20分発) マレーシア航空  ラハダトゥ着  送迎車にて1時間半 タビン着10時

1月30日
タビン滞在

1月31日
ビリットへ移動  送迎車乗り継ぎで5時間 ビリットには16時着

2月1日
サンダガンへ  セピロック オランウータン保護センターへ
その後市内観光
サンダガン19時発マレーシア航空コタキナバル着20時55分

2月2日
コタキナバル811時35分発)  香港経由セントレア着820時55分

移動距離があるのでどうかな~と思いましたが結局は移動して正解でした

旅記録編へ
1日目
香港経由でコタキナバルにつくとすでに20時   つかれた~
ホテルはシャングリラ(あのシャングリラとは違う、でも立地はよくセンターポイントまでも歩いて行ける)
帰国前日もここに宿泊しました
276_convert_20130204222250.jpg 

センターポイントで買い出し後
早速双天に出かけ海鮮の夕食です

002_convert_20130204210638.jpg 

006_convert_20130206203529.jpg007_convert_20130206203552.jpg
いろんな魚がいてわくわく
水槽を見ながらあれこれ吟味して注文
日本語が多少わかる店員さんがいてフレンドリーに話しかけてくれる 
 
海老がとってもおいしかった
おなかいっぱい

翌朝は早いのでさっさとお休み

2日目
コタキナバルから約1時間ラハダドゥ空港までプロペラ機で飛びます
立てばゴちんと頭をぶつけてしまうほど
まだ薄暗い
009_convert_20130204210712.jpg 

キナバル山がとてもきれいに見えました
あ~今度は登ってみたい

ラハダドゥに近づいてくると
パームヤシのプランテーションが見事です
ジャングルが悲しいことにどんどんなくなっていく様子が見てとれます

014_convert_20130205081632.jpg 
空港に無事到着
プルペラ機は着陸後もスピードが全然落ちないので内心ドキドキしました

何ともローカルな空港でほっとします
143_convert_20130204224038.jpg 
ここで宿泊施設のタビンワイルドライフリゾートの事務局がありチェックイン
ここから約1時間半のドライブです

別名マッサージロード

その名の通り
次第にダートが激しくなってきた
がったんがったん揺られながら寝ることもできず
ひたすらは走り続けます

途中ブタオザルやタカが見られました
いよいよ来たって感じです
068_convert_20130204223633.jpg 

10時ごろようやくタビンワイルドライフリゾートに到着
ここまで家を出発してから丸一日たっていました

施設の設備や予定などの説明を受け
083_convert_20130204223007.jpg 

081_convert_20130208141429.jpg 101_convert_20130208141354.jpg
                    キャンプ場のバンガローみたい
ロッジの様子
                     






無事帰国

行ってきましたよ~

ボルネオジャングルの旅

どうなうか心配しましたが
野生の
オラウータンや象、テナガザル、サイチョウなどなど
たくさんの動物に会ってきました

ドキドキわくわくの日々でしたが
ロッジのスタッフは本当に暖かく
英語がわからない私たちにも
一生懸命説明をしてく出ました

うんうん
とうなずいていると
英語がよくわかりますね~みたいな
ことを言われましたが
まあ40%の理解でしょうか

ますます英語の必要性を感じました!

また旅行記を追々書いていきます

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。